高血圧とは? | 血圧を下げよう!ヒドロクロロチアジド・ジェネリックの効果
中身を確認している

高血圧とは?

頭痛や吐き気など多くの辛い症状や、心筋梗塞などの合併症などを引き起こしてしまう高血圧。そもそも高血圧ってなぜなってしまうのでしょうか?それは主にストレスや生活習慣の乱れが主な理由だとされています。これらが慢性的に繰り返されることで、血圧が高くなってしまうのです。
まず血圧というのは、血が血管の内側を押す圧のことをいいます。一時的に圧が掛かるくらいなら問題はありませんが、強い圧がずっとかかっている状態がずっと続いていくと圧に抵抗する形で内壁が分厚くなってきます。そうすると当然血管内は狭くなるので、余計に圧がかかるということになります。
コレストロールなどが入り込むことで、血管内はさらに詰まってしまいどんどん疲弊していきます。結果血管が硬くなってしまうこと…これが動脈硬化です。動脈硬化で血の流れが悪くなると、血が固まってしまうようになります。これが心臓で起こると心筋梗塞、脳で起こると脳梗塞となります。

心筋梗塞や脳梗塞も怖いのですが、動脈硬化というのは腎臓にも影響を及ぼします。動脈硬化により腎臓の血管が細くなると身体の毒となるものをろ過する腎臓の働きが悪くなってしまいます。腎臓にしっかりと血液が行きわたらないことで、腎臓は血圧が下がっていると勘違いしてレニンという成分を出します。これは血圧を上げる物質です。腎臓に負担がかかると尿がうまく作られないので、身体にむくみが生まれます。そうしてさらに高血圧は高くなっていく悪循環を生み出します。

そんな状態を改善出来るのがヒドロクロロチアジド・ジェネリックなのです。