腎臓と尿 | 血圧を下げよう!ヒドロクロロチアジド・ジェネリックの効果
残り3錠

腎臓と尿

腎臓に障害が生じると尿を作りにくくなるので、身体の水分が増えすぎてしまい血圧が上がります。高血圧だけでなく、腎臓の働きが悪いと多くの病気を引き起こしてしまうので、ヒドロクロロチアジド・ジェネリックを使うことで改善していきたいところです。

腎臓では、身体の不純物などの毒素をろ過してくれる役目があり、いらないものを出すのが尿ですが、なんでもかんでも尿として出しているわけではありません。たしかに腎臓には不純物の入った血液が送られてくるものの、その中からでも必要なものと、やはり必要ではないものに仕分けていくのです。
血液は糸球体という場所でろ過されますが、この際白血球や赤血球というものはろ過されずに残ります。それ以外はいらないものとして原尿というものになりますが、糸球体でろ過されたものの中でもそこからさらに仕訳されていきます。糖分や電解質など必要なものがあるのです。
最終的なチェックを行うのは尿細管と呼ばれるところ。尿細管は大きく5つに分けられており、近位尿細管でブドウ糖、アミノ酸、電解質、水分が分けられ、遠位尿細管でもまた電解質と水分といったものに分けられるなど、もとは150Lもある原尿は、ここでわずか1%となる1.5Lになって排尿されるのです。

むくみをおさえるためには、こういった排尿をサポートする必要があります。ヒドロクロロチアジド・ジェネリックをうまく利用していきましょう。